メーカーから購入した製品を、小容量の容器に小分けして販売する予定です。
メーカーから入手したSDSを、そのまま使うことができるでしょうか?

製品名と供給者情報の修正が必要です。
さらに、推奨用途と注意事項を確認して、必要に応じて修正することをお勧めします。

SDSでは、容器に表示する製品名と同じ名称をSDSに記載することになっています。
また、会社情報は、供給者(≒販売者)の情報を記載することになっています。
従って、製品名と会社情報の修正が必要となります。

SDSに記載する危険有害性の区分は、製品量の多少により変わることはありません。
メーカーから入手したSDSの記載の大部分は、そのまま使用できると考えられます。
しかしながら、注意すべきことがらは、用途や使用量、使用環境の影響を受けて変化します。
まず推奨用途を確認して、必要に応じて修正することをお勧めします。
次に、用途を想定しながらSDSの注意事項を確認して、必要に応じて追加することが重要です。
例えば小分け製品が一般家庭用なら、「子供の手の届かないところに保管すること」という注意書きなどです。

資料請求、お問い合わせやお見積りはお気軽にどうぞ

  • メールフォームでお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

  • お電話でお問い合わせ

    03-5424-3016

    受付:平日 AM9:00~PM18:00

Copyright© 2018 Asahi Graphic Corp. All Rights Reserved.

PAGE TOP