GHSシンボルマークは何種類ありますか、またどのように使いますか。

GHSは、9種類の絵表示(Pictograms)を決めています。製品の危険有害性の区分に応じて、容器に表示し、SDSに記載します。

GHSでは、9種の絵表示が決められています。絵表示は、複数の危険有害性のクラスに対応しています。
絵表示に正式な名称はありません。
絵表示は、危険有害性のタイプを象徴するデザインになっています。
絵表示は、化学製品の危険有害性を判りやすく伝えます。ラベルやSDSの重要な要素です。

以下に、絵表示と危険有害性クラスの対応を示します。
(危険有害性が低めの区分では、絵表示を使用しない場合があります)

<炎>
GHS絵表示_炎_GHS02

  • 可燃性/引火性ガス
  • エアゾール
  • 引火性液体
  • 可燃性固体
  • 自己反応性化学品
  • 自然発火性液体・固体
  • 自己発熱性化学品
  • 水反応可燃性化学品
  • 有機過酸化物

製品自体の燃焼危険性を示します。

円上の炎>
GHS絵表示_円上の炎_GHS03

  • 支燃性/酸化性ガス
  • 酸化性液体・固体

製品自体は燃焼しないが、他の物の燃焼危険性を高めることを示します。

<爆発>
GHS絵表示_爆弾の爆発_GHS01

  • 爆発物
  • 自己反応性化学品
  • 有機過酸化物
爆発危険性を示します。

<腐食性>
GHS絵表示_腐食性_GHS05

  • 金属腐食性化学品
  • 皮膚腐食性
  • 眼に対する重篤な損傷性

金属または人体に対する腐食性を示します。

<ガスボンベ>
GHS絵表示_ガスボンベ_GHS04

  • 高圧ガス

<どくろ>
GHS絵表示_どくろ_GHS06

  • 急性毒性

<感嘆符>
GHS絵表示_感嘆符_GHS07

  • 急性毒性(区分4)
  • 皮膚刺激性(区分2)
  • 眼刺激性(区分2A)、
  • 皮膚感作性
  • 特定標的臓器毒性(区分3)
  • オゾン層への有害性

<環境>
GHS絵表示_環境_GHS09

  • 水生環境有害性

<健康有害性>
GHS絵表示_健康有害性_GHS08

  • 呼吸器感作性
  • 生殖細胞変異原性
  • 発がん性
  • 生殖毒性
  • 特定標的臓器毒性
  • 吸引性呼吸器有害性

絵表示は国連のWEBサイトからダウンロードできます。
http://www.unece.org/trans/danger/publi/ghs/pictograms.html

資料請求、お問い合わせやお見積りはお気軽にどうぞ

  • メールフォームでお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

  • お電話でお問い合わせ

    03-5424-3016

    受付:平日 AM9:00~PM18:00

Copyright© 2018 Asahi Graphic Corp. All Rights Reserved.

PAGE TOP