油性塗料を製造しています。各色80種の品番があります。色別に80件のSDSが必要でしょうか?

成分と危険有害性が似ている製品をまとめてSDSを作成して、件数を減らせる可能性が高いと考えられます。

成分が類似していて、危険有害性も同レベルの製品については、複数の製品をまとめたSDSが作成されることがあります。
基本組成が同じで顔料が異なる塗料が、その典型的な例です。
溶剤、ポリマー、安定化剤が同じで、顔料の配合比が異なる複数の製品があって、顔料に有害性情報が無いとします。
これらの製品は、成分が良く似た製品で、危険有害性も同レベルと考えられます。
この場合は、各製品から成分ごとにもっとも含量の高い数値を選び出して、その数値の組合せで有害性を評価することで、複数の製品をカバーする適切なSDSを作成することができます。
例えば、次のようにします。

成分名製品A製品B評価用含量
溶剤 50% 45% 50%
ポリマー 10% 8% 10%
赤色顔料 20% 25% 25%
白色顔料 10% 2% 10%
青色顔料 10% 20% 20%
合計 100% 100% 115%

(SDSは危険有害性を単純に加算します。含有量の合計が100%になる必要はありません)

何をもって類似とするかは、トラブル発生時に説明責任を果たせるかが一つの判断基準になると考えます。
また、どの製品をどのようにまとめるかは、事業戦略や文書管理にも関わってきます。
会社として、考え方を統一して対応することが重要と考えます。

資料請求、お問い合わせやお見積りはお気軽にどうぞ

  • メールフォームでお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

  • お電話でお問い合わせ

    03-5424-3016

    受付:平日 AM9:00~PM18:00

Copyright© 2018 Asahi Graphic Corp. All Rights Reserved.

PAGE TOP