マレーシア向けマレー語SDS サンプル

2019/09/18

(混合物)マレーシア向けマレー語SDS サンプル PDF形式:(60KB)

和訳PDF:上記ファイルの参考用和訳 PDF形式:(164KB)

解説

汎用的な工業用の有機溶剤のマレーシア向けマレー語SDSです。
初留点や沸点等の実測データ、および最新のEU CLP ANNEX VI のTable 3の GHS分類結果を用い、国連番号1268を賦与し、マレーシアの許容濃度を出力しています。 GHS分類方法とSDS作成方法は、マレーシアのGHS分類・表示の基準である 産業実施基準(ICOP CHC 2014)に基づいています。
(注)229物質に対するマレーシア独自のGHS分類結果がICOP CHC 2014にて公表されております。この有機溶剤に含まれる六成分のうち、三成分のマレーシア独自の分類結果は、EU CLP ANNEX VI のTable 3の分類結果と同じです。残り三成分は、マレーシア独自のGHS分類結果が公表されておりません。 従いまして、全六成分に関して、EU CLPの分類結果を用いました。
なお、マレーシア向けのSDSは、マレーシア語と英語の双方での作成がICOP CHC 2014にて義務付けられております。
記載内容の解読のために、『参考用』の大きな透かしを入れた和訳を添えておりますので、併せてご参照ください。

2019/09/18

(単一化学物質)マレーシア向けマレー語SDS サンプル PDF形式:(52KB)

和訳PDF:上記ファイルの参考用和訳 PDF形式:(147KB)

解説

半導体製造に用いられるアンモニアガスのマレーシア向けマレー語SDSです。
アンモニアガスの物性値、および、最新のEU CLP ANNEX VI のTable 3のGHS分類結果を用い、国連番号1005を賦与し、マレーシアの許容濃度を出力しています。
GHS分類方法とSDS作成方法は、マレーシアのGHS分類・表示の基準である産業実施基準(ICOP CHC 2014)に基づいています。
(注)229物質に対するマレーシア独自のGHS分類結果がICOP CHC 2014にて公表されております。それに掲載されているマレーシア独自のアンモニアガスの分類結果は、EU CLP ANNEX VI のTable 3の分類結果と同じです。
なお、マレーシア向けのSDSは、マレーシア語と英語の双方での作成がICOP CHC 2014にて義務付けられております。
記載内容の解読のために、『参考用』の大きな透かしを入れた和訳を添えておりますので、併せてご参照ください。

資料請求、お問い合わせやお見積りはお気軽にどうぞ

  • メールフォームでお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

  • お電話でお問い合わせ

    03-5424-3016

    受付:平日 AM9:00~PM18:00

Copyright© 2019 Asahi Graphic Inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP